風が吹いても痛い病気

痛風と言う病気の名前、「何だか不思議な…」と思っていたら、これ、「風が吹いても痛い」と言うことからついた名前だそうですね。それだけ激痛が走るそうです。ちょっと怖い病気ですね。

実はこの痛風、30代から50代の男性にリスクが高いってことをご存知でしたか?何故かと言うと30代から50代の男性は尿酸値が急上昇することが多いからなのだそうです。

「なぜ男性だけが?」と思ったら、どうやら女性陣は女性ホルモンの恩恵を受けていて尿酸値が上がらないのだそうです。女性ホルモン・エストロゲン、侮れない。これが減ると更年期障害になったりするし、けっこう知らないうちに役に立ってくれてるんですね。そのため、女性も女性ホルモンが減少した更年期以降は痛風にかかるリスクが上がるそうです。

「ああ、だから…」と思ったのが、こどものころ「痛風」と言うとリューマチと一緒でおじいちゃんやおばあちゃんがかかるようなイメージがあったこと。おそらく、時代劇などで耳にした病気だったからかな?なので、30代から50代の男性にリスクが高いと聞いてちょっと意外でした。

でも、ある記事を読んでいたら、ちょっと納得。痛風に関係するプリン体というもの、男性陣が好む食品に多いのです。それにビールも。これは、ガッツリ系の食品が好きで、しかも宴会に行ってガッツリ飲み食いする男性陣には避けろというのが難しいものばかりでした。

なるほど、これじゃあリスクが上がるかも。それに、激しい運動もダメだそうで、その年代の男性陣はまだまだ激しい運動を好む人が多そう、と納得。ジムとかでベンチプレス系をしたりする無酸素運動はダメなんだそうです。やるなら有酸素運動、ウォーキングなどがおすすめだとか。

それにしても、ガッツリ食べたり飲んだりした分を激しい運動で消費しょうとするとダメなんだ、と思いますね。でも、発症してしまうととにかく激痛らしいので、尿酸値、気をつけたほうがいいらしいです。

この年代の男性は働き盛りだから、時間をかけて有酸素運動する時間もないかも。そういうときは、栄養補助食品やサプリを使って賢く尿酸値を下げたいですね。

例えばこんな商品を見つけました。
参考サイト: https://www.l1-magic.org/

秋冬のブーツの悩み

何年か前に暖かい地方から寒い地方に引っ越しをしたので、それからすっかりブーツ派です。といっても、幸いそんなに雪は多くない地方なので、スノーブーツの出番は雪がたくさん降ったときだけ。でも、秋でも気温がマイナスになる地方では、少なくとも足首は覆っておかないと寒い。

特に、それまでは秋冬でもショートブーツばっかりだったんだけど、あまりに足が寒いので思い切ってロングブーツを入手して履いてみたらこれほんとにいいです。寒いからってジーンズなどのパンツ類の下にレギンスなど履かなくていいから足が細く見える。それに、暖房が効いた室内に入った後にレギンスを暑くて脱ぎたいと言う問題もなくなりました。それに、寒い地方だと、コートの防寒がバッチリなので上半身はゆだるほどになることも多いんだけど、膝から下が冷えることも多くて。だからと言ってロングコードは着脱が不便。思い切ってロングブーツにしてみたら問題が一気に解決。しかもファッショナブルに見える。なのでお気に入り。

ただ1つだけロングブーツで問題なのは、ブーツの中の足のムレ問題。特にロングブーツだと通気性が悪いので、自分では気がつかないうちにもしかしたら私の足、匂ってしまっているのでは・・・と心配になります。車や電車などの車内では結構足元は暖房の噴き出し口があったりして暑くなっちゃったりする時もあるんですよね。

なので、外食するときに靴を履いて行くのはいいけど、誰かのおうちにお邪魔する時や、居酒屋さんとかでお座敷だと事前にわかっている時はロングブーツを避けてました。なぜって、万が一ブーツを脱いだときに自分の足が臭いと恥ずかしいから。これ、ロングブーツ派あるあるですよね?

でも、良い製品を見つけました。大人の女性の足の匂いやワキ、汗の匂いを招集してくれるスプレーです。しかも缶のスプレーにありがちなシューというスプレー音がしないので、トイレの個室などで密かに足の臭いを消すことができて大人の女性にぴったりです。これなら、不意にブーツを脱がなきゃいけなくなってもササッとトイレに行ってシュシュっと消臭して、何気ない顔で脱げますね。

詳しくはこちら: https://www.sgkhizmetsorgulama.net/